生活保護申請は今の生活に苦しさを感じている方に最適な制度

SITEMAP

生活保護法

生活保護申請をする前に知っておくべきこと

家族と青空

突然の失業、事故、身体・精神の障がいなどによって働くことができずに経済的な自立が困難になってしまい生活保護申請を行う人は多いです。しかし、生活保護は誰でも申請すればもらえるわけではありません。ある一定の条件によって受給されるかどうかが決まります。そこで、本記事では、生活保護申請をする前に知っておくべき2つの基本条件についてまとめていきます。

その、1最低生活費より収入が少ないこと
最低生活費とは国が定めた「健康で文化的な最低限度の生活」に必要な生活費の基準です。通常、最低生活費は地方自治体によって異なり、地域の物価によっても上下します。まずは、この基準を収入が下回っていないと国から認められません。

その2、利用可能な資産を有していないこと
自動車や持ち家などの資産は、処分して、生活費に充てなければなりません。市役所や福祉事務所に相談するとこのように資産を活用した方がいいと促されるケースがあります。しかし、持ち家の価値が低い場合や自動車がなければ生活できない地域に住んでいる方は処分せずに受給できる可能性があります。

以上、生活保護の基本条件について簡単にまとめました。生活保護申請をする前に本当に自分が受給できる立場にあるか考えてみてください。

PICK UP

UPDATE CONTENTS

TOP