生活保護申請は今の生活に苦しさを感じている方に最適な制度

SITEMAP

生活保護法

生活保護申請時に行われる調査内容と申請できる条件について

親子の笑顔

収入がなく、最低限の生活を送れなくなった時に頼れるのが生活保護制度です。書類を提出後、調査をうけて扶助が必要だと判断された場合に、生活や教育、医療等に必要な金額の給付を受けることができます。
ちなみに、生活に困っている状況なら誰でも生活保護制度が利用できるというわけではありません。生活保護申請時には以下のような調査が行われ、必要かどうかが判断されます。
1.生活状況の確認(家庭訪問など)
2.貯金、保険等の資産の確認(現金に変えられるものはないか)
3.頼れる身内がいないかの確認(親戚や子供からの金銭補助)
4.現在の収入の確認(年金等)
5.働けるかどうかの確認
なお、5つの調査すべてにおいて悪い状況でないと生活保護申請ができないわけではありません。例えば働いていても生活保護は受けられますし、自動車を保有していても受けられるケースがあります。確認の目的は、「最低限の生活が送れているか」という点なのです。収入があっても生活するには不十分、車が生活に必要不可欠と判断された場合、生活保護を受けることができます。
生活保護申請は、住んでいる地域の福祉事務所、生活保護担当もしくは町村役場が窓口となっています。自分が該当する状況にあるかどうか、まずは相談してみることをおすすめします。

お金で苦しんでいるなら生活保護申請をしよう

今現在お金でとても苦労している、苦しんでいるという人はすぐにでも生活保護申請して下さい。生活保護を恥ずかしいと感じる人も多いようですが、国が用意している制度ですので何も恥ずかしい事はありませんし、お金のせいで辛い思いをし続ける必要はありません。今日にでも役所に行って生活保護申請をして下さい。申請が通れば今までの苦労が嘘のように生活は楽になります。

生活保護申請をしたいけれどやり方が分からない、書類などに不備があったりする事で申請が通らなかったらどうしようと不安な人もいるかも知れません。そういった場合は生活保護申請の代行を依頼するのもおすすめです。代行を依頼したからといって必ず生活保護が受けられるという事はありませんが、申請の仕方が分からない人、自分ではできそうもないと思っている人は代行を依頼して損はありません。

生活保護は一度申請すれば一生生活を保護されるという事はありません。ですが、今現在お金のせいで辛い思いをしているのでしたらそこから脱するのにとても役立ってくれます。ですので、今まで何となく生活保護は恥ずかしいものだと思って申請を躊躇っていた人も、これを機に今の生活を脱する為に申請する事をおすすめします。

今の生活を脱する為に生活保護申請を

今現在まったくお金が無く、今後も今の生活を変えられるような収入の当てがない場合は、すぐにでも役所に行って生活保護申請をして下さい。そうする事で最低限の生活を維持できるだけのお金を国から生活保護として受け取る事ができる可能性があります。生活保護申請をしたからといって必ず生活保護が適用されるという事はありませんが、国が算出した最低生活費以下の収入の場合は適用される可能性が高いです。ですので、必ず生活保護申請をするようにして下さい。

生活保護費として国からいくら支給されるのかはその人によって違います。住所や世帯人数によって大きく変わってきますので、ハッキリいくら貰えると断言する事はできません。しかし、生活保護が適用されれば暮らしていくには十分な額のお金が国から支給される事は間違いありません。収入がある場合はその額を最低生活費から引いた額のお金が支給されますし、全く収入がなければ国が算出した最低生活費分のお金全額が支給される事もあります。もちろん色々な条件で減額される可能性がありますので、詳しく知りたい場合は専門家に相談する事をおすすめします。

生活保護の申請は第三者に代行してもらう事もできますので、自分には申請は無理だと諦めずに必ず申請するようにして下さい。

PICK UP

UPDATE CONTENTS

TOP